お金に困った

お金が無かった学生生活

高校を卒業し、親からは就職を勧められました。

 

「今なら地元の堅い企業にコネがあるから、そこに勤めろ」と言われたのです。

 

ところが、私は進学したい大学がありました。地元の国立大学です。

 

幸いにもテストの成績が良かった為に、担任の先生も親の説得に参加してくれました。

 

その結果、1年目の学費は親が見てくれる事になりましたが、生活に慣れたそれ以降は、自分で何とかしろと言う事になりました。

 

そして、2年目以降は大変でした。

 

当時の学費は年間で100万円前後です。様々なアルバイトで稼ぎ出しましたが、自分の自由になるお金等は、存在しないに等しい生活でした。学資ローンも利用していましたからね。

 

恵まれていたのは、実家住まいだった為、寝る所と食べる事は確保されていた事です。(後に食費を入れていないのはおかしいと言う話になり、月々に2万円ずつ払う事になり、もっと悲惨な状況になりました)

 

あの頃の自分の楽しみは、1冊10円程度の古本を読む事と、1個300円のプラモデルを何ヶ月にも渡って、深夜にチビチビと改造する事位でした。遊び盛りの学生にとっては信じられない様な生活だったと思います。

 

結局、通っていた大学の早期卒業制度を利用し、1年間速く卒業をする事になりました。何とか無事に就職を果たしましたが、楽しい学生生活等と言う言葉を聞くと、今でも異次元の世界の様な話に聞こえます。