お金に困った

夜学で親の世話になりました

私は昔東京へ就職した頃、地方出の自分が如何に勉強不足かが分かりもう一度勉強しなおそうと、夜学校へ行く事を決めました。

 

確かに種々の学校があり流石東京で、内容や交通の便などを判断して選びました。

 

いざ学校へと通い始めましたが、昼間働いて夜の通学は思いのほか厳しいものでした、でも皆同じ境遇で何とか続けようと頑張りました、体力には自信ありました
が、問題は学費でしたそれは結構高く、一人でアパートを借りての生活では相当厳しくて、とうとう田舎の実家に事情を話して卒業後払うからと、年に2回のペースでお金を借りて学校へ払いました。

 

月給が3万程度の頃、確か年間8万程度借りました。

 

当時よく言われたのは、卒業するには先ず体力、そして資金だと言われました、確かに数人が黄疸症状が出て年に数人が止めていきました。

 

とにかく学校ではよく食堂へ行きまして、あいつが居なければ食堂へ行け、と有名になった位でした。

 

お陰さまで入学時の1/3が、何とか卒業できその中に入る事が出来ました。

 

その後約束ですから、実家に対してボーナス時に田舎に送りました、がおそらく借りたお金の全部は返せなった様に記憶してます。その数年後結婚するといって、又田舎の親にお世話になりまして、今思うと遠い昔ですがほろりとします。